ミノルタオートマット H21.6.30
2台目のミノルタオートマット
時代が遡ること8年。思い起こせば昭和16年の秋のことでした。旧制中学校の2年生だった頃のことでした。
私の父親はカメラが好きで、ベスト判のカメラでドイツ製のイハゲウルトリッククス、テッサー75ミリF3.5付きを使っていましたが、私には絶対に手を触れさせない程厳しい状況でありました。ダブルヘリコイドです。

また、風呂場の隣には暗室もあり、そこにはドイツ製の6×9判の引き伸ばし機もありましたが、これも使わせて貰えませんでした。触るな、使うなと言われれば尚触りたい、使いたいという心が沸くのは子供心にも当然のことでした。

それがために、トーゴーカメラやミゼットを父が私に買い与えてくれていたのですが、ある日祖母にお願いして暗室の使用を頼みましたが、やはり駄目だとのことで、つらい思いをしましたが、じっと我慢の子でありました。

しかし、私のカメラ好きが理解できたのか、ある日のこと、近くの写真機店から青い箱の中にこげ茶色のケースに入った新品のカメラが届けられました。それがナント発売間もないミノルタオートマットでした。

ミノルタオートマットはローライオートマットの機構をそのまま受け継いだような素晴らしいカメラであることを後になって知ったのですが、その晩はいつものように枕元に置いて、夜の明けるのを今か今かと待ち侘びて、とうとう朝まで眠ることが出来ませんでした。あの新品のケースと、カメラのなんとも言えない香り!!!。それは現在に至っても決して忘れることはありません。

オートマットとは、フイルム巻上と同時にシャツターがセットされて、直ぐに次の撮影体制に入れるのです。
レンズはプロマー75ミリF3.5、3群4枚構成のテッサー型、シャツターはクラウンⅡの1秒~300分の1秒
ビューファインダーには前後移動式のパララックス自動補正装置が付いている優秀な二眼レフです。

ここに発表したミノルタオートマットは2台目ではありません。実はこのミノルタオートマットの素晴らしさが心に残っていましたので、先程紹介したクリスターフレックスの次に、購入したのが2台目のミノルタオートマットです。

このカメラはクリスターフレックスでの撮影でどうもレンズがシャープ過ぎと言うか、コントラストが強すぎて、特に人物撮影には適したレンズではないと考えていましたので、中古カメラ店でのミノルタオートマット探しが始まったのであります。

次には2台目のミノルタオートマットとの出会いと撮影感想を発表することと致します。

ミノルタオートマットの写真。

b0178691_1681722.jpg

[PR]
# by otc123jp | 2009-06-30 15:32 | 戦後の想い出
クリスターフレックス H21.6.27
やっと写真機を買いました。

クリスターフレックスの写真

b0178691_1529696.jpg


神戸三宮の駅の切符売り場で置き引きにあって依頼、写真機と言うものは私の手元にはありませんでした。

長男の誕生と共に、写真機による撮影心がムラムラと湧いてきましたので、何とかして手ごろな写真機を探していました。

住んでいた家の近くには小さな写真機店がありましたので、毎日帰り道にウインド゛ウを眺めながら、安くて良く写るものを物色していました。当時は4畳半メーカーから売り出される2眼レフがウインドウに並んでいましたが、生活費に追われて中々欲しいものを買うことが出来ません。

また、若い頃に使ったことのある、戦前の中古カメラも並んでいましたが、返ってその方が高価で到底買うことは出来ませんでした。

ある日のこと、新品同様で非常に安いスプリングカメラが目に留まりましたので、店の主人との交渉で安くしてもらい購入することにしました。そのカメラの名前は忘れもしません、戦後第1台目のカメラで、「サノンシックス」というカメラでありました。買った値段は覚えていません。しかし、嬉しかったのは言うまでもありません。

富士のパンクロフイルムをサービスに貰いましたので、あくる日の日曜日には長男の写真を撮影すべく、枕元に置いて寝ましたが、その日は中々眠ることが出来なくて、夜中に何度も起きてはカメラを眺めたり触ったりして夜の明けるのを待ちました。

写真のクリスターフレックスは、サノンシックスの次に購入したカメラで、一番長い期間使用したカメラです。
存念ながらそのサノンシックスのカメラの写真はございません。

では又明日。宜しく。
[PR]
# by otc123jp | 2009-06-27 15:53 | 戦後の想い出
2階借りの生活 H21年6月26日
2階借りの生活
今までの3畳一間の生活からは、思いも寄らない程の広い部屋に落ち着くことが出来て、子供の誕生と共にどうやら、一人前の生活ができるようになりました。

しかし、炊事場はやはり1階にありましたので、2階では電熱器による軽い食事の準備しか出来ませんので、子供のいる家内には相当の重労働になっていたのは言うまでもありません。

思い出しましたが、私は大の酒好きのため、当時は合成清酒「お父さんの牛乳」を冷で飲みながらの子育ての毎日でした。

それでも、当時の住宅事情から考えば贅沢は言っておられません。早く良い家を見つけて子供を含めた家庭の団欒を夢見ての毎日が続きました。

当時勤務先は西区の江戸堀にある、大阪西郵便局で、懐かしい話になりますが、市電を利用して通勤をしていました。

ある日のことでした。それは昭和25年9月3日の未明からの暴風雨に見舞われ、出勤する時間には屋根を揺るがすほどの台風に変わって、到底外に出られるような事態ではありませんでした。これが、あの有名な「ジェーン台風」だったのであります。

風がおさまり雨も止んだので、外に出てみると、なんと市電の電車道は道路沿いの家からの瓦や塵が散乱し、街路樹もなぎ倒されて市電も不通となり、その日は約12キロ程の道を電車道に沿って勤務先まで行きましたが、ゆく先々で道路が水に溢れたり、決壊したところも多くありました。

約1時間30分程歩いて郵便局に到着しましたが、ナントその日に出勤していたのは全局員の3分の1程でしかありませんでした。と言うのは私の家からの道路は比較的高地になっていましたので、被害は少なく、水害の被害もあまりありませんでしたが、元住んでいた九条の家は勿論、その辺一体はそれこそ水害の被害が大きく、2階の窓まで水につかり、その時の光景は今思っても惨憺たるものでありました。

こんな時にラッキーと言うのも不心得ですが、九条の家から引っ越して間もないときの出来事で、今の家に引っ越してなければ、家財道具も全部水に浸かり全財産を失っていたかも知れないと思うと、あー良かったとため息をついていたのは事実でした。

今日はここまで、又明日。
[PR]
# by otc123jp | 2009-06-26 17:27 | 戦後の想い出
長男の誕生の続き
♪ 探し探し求めて ♪ 
ある日の朝のことでした、諦めかけていた部屋探しに一つの光が差し込んできたのであります。現在も変えることなく引き続き愛読している「産経新聞」の広告欄の片隅に小さく「お部屋貸します」を見つけて、早速住所を調べて探すことにしました。

当時は電話なんて、夢の夢て゜したから、足を頼りに、テクテクと、勿論遠いところでは市電に乗ってという時代でしたからね。でも、苦労の甲斐あってか、何とか8畳一間と今で言えばフローリングのようなこれも6畳位の板の間が見付かったのであります。

勿論この部屋は、その家の2階にありましたが、1階の土間からは他の部屋に関係なく直ぐに2階の階段に上がることが出来、プライバシーに関しては抜群の環境でありました。

あっ、場所をいうのを忘れていましたが、ここは、天王寺動物園の直ぐ北側に位置する、下駄を生産する工場があるところでした。

ちょつと一服します。又の続きを宜しくね。
[PR]
# by otc123jp | 2009-06-24 12:59 | 戦後の想い出
長男の誕生
昭和24年9月24日逓信病院にて長男誕生
最初の新婚生活のアットホームが3畳一間の二階借りでスタートしましたが、家内のお腹がどんどん大きくなり、子供が出来た暁にはこのままでは、十分な子育ては出来ないと思い、少し広い部屋を探していました。

当時は住宅難で中々思うような家?いや部屋なんて、本当に探すのは砂浜の中に落とした5円玉位に難しくて、早くしないと間に合わないという、少しあせりの気持ちがありました。

当時の家探し?部屋探しは、新聞広告の中から探すのが手っ取り早いとのことを先輩に聞きまして、毎朝の新聞の広告欄を目を皿のようにして見ていたものでした。ゴメン???今風呂が沸いたので、これから風呂に入り晩酌をすることになりますから、暫くおやすみします。
[PR]
# by otc123jp | 2009-06-23 17:35 | 戦後の想い出