<   2010年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
手作りカメラの傑作 ワイド 兄妹 H22.5.22
<<  手作りカメラ ワイド 兄妹
大阪手作りカメラクラブのブログにも発表しました「アドックスワイド」の兄にあたる「リコレットワイド」と共に仲良く紹介することと致します。
 先ず、兄のリコレットワイドは、プロミナーレンズで有名な「コーワ」から発売された「カロワイド」のボデーの巻上げ不良のものを解体して、前板毎ヘリコイドとシャツター、レンズのみを活用することにしました。
 ボデーはリコレット1型の、これも前版毎取り外して、そこにカロワイドの前版をビス穴を開けて取り付けることにしました。
 シャツターは裏巻き方式のセルフコッキングでしたので、苦労の末手動でセット出来るように改造して、レバーのワンセット方式になりました。
リコレットの軍幹部から、ファインダー部を取り外し、そこにアクセサリーシューをネジ止めすることで、軍幹部がスッキリとまるでライカのボデーのようになりました。ファインダーはホクトレンダーのコンツール35㎜を付けて、両眼で使います。注。カロワイドには専用のコンツールファインダーが付いていましたね。
先ず兄のリコレットワイドの写真を見て下さい。
b0178691_11263898.jpg

次に可愛い妹のアドックスワイドを紹介することに致します。
 大阪手作りカメラのブログにも紹介しました「帰ってきた酔っ払い」は良く考えて見ると、大きな間違いでした。このカメラを作成しながら考えていたのですが、何故か可愛い娘を嫁に出して、不幸にも旦那に死なれて泣く泣く親の元に帰って来たのを想像しながら、段々と可哀想になり、私の手により元の娘に立ち返らせてあげようと?????一生懸命に復元作業に没頭しました。
 ボデーにあたる部分はドイツ製「アドックス300」の交換マガジンで、帰ってきた時には見るも哀れな姿でし
たので、思わず目頭が熱くなりましたね。
 先ず、シャツターの枠だけが残っているので、完全に取り外し、そこにコンタックス用のM42のアダプターをビス止めして、ペンタックスのボデーキャツプにシンクロコンパー00番を介して、へりコイドとレンズを取り付け、パンフォーカス時のクリックストップも付けました。
 ファインダーはキャノン用の35㎜を利用してました。写真を見て頂ければ、お判りと思いますが、小さな身体の可愛い娘に戻りましたので、これからは私の手元において大いに可愛がってあげようかと考えているところであります。
 しかし、いくら可愛い娘でも親の独り占めは可哀想なので、良い出会いがあれば、また、お嫁に出しても良いものと考えています。でも暫くは手元に置いて可愛がりマース。
アドックスワイドの可愛い娘を見て下さいね。
b0178691_11525738.jpg

[PR]
by otc123jp | 2010-05-22 11:54 | 手作りカメラの紹介