ミノルタオートマット H21.6.30
2台目のミノルタオートマット
時代が遡ること8年。思い起こせば昭和16年の秋のことでした。旧制中学校の2年生だった頃のことでした。
私の父親はカメラが好きで、ベスト判のカメラでドイツ製のイハゲウルトリッククス、テッサー75ミリF3.5付きを使っていましたが、私には絶対に手を触れさせない程厳しい状況でありました。ダブルヘリコイドです。

また、風呂場の隣には暗室もあり、そこにはドイツ製の6×9判の引き伸ばし機もありましたが、これも使わせて貰えませんでした。触るな、使うなと言われれば尚触りたい、使いたいという心が沸くのは子供心にも当然のことでした。

それがために、トーゴーカメラやミゼットを父が私に買い与えてくれていたのですが、ある日祖母にお願いして暗室の使用を頼みましたが、やはり駄目だとのことで、つらい思いをしましたが、じっと我慢の子でありました。

しかし、私のカメラ好きが理解できたのか、ある日のこと、近くの写真機店から青い箱の中にこげ茶色のケースに入った新品のカメラが届けられました。それがナント発売間もないミノルタオートマットでした。

ミノルタオートマットはローライオートマットの機構をそのまま受け継いだような素晴らしいカメラであることを後になって知ったのですが、その晩はいつものように枕元に置いて、夜の明けるのを今か今かと待ち侘びて、とうとう朝まで眠ることが出来ませんでした。あの新品のケースと、カメラのなんとも言えない香り!!!。それは現在に至っても決して忘れることはありません。

オートマットとは、フイルム巻上と同時にシャツターがセットされて、直ぐに次の撮影体制に入れるのです。
レンズはプロマー75ミリF3.5、3群4枚構成のテッサー型、シャツターはクラウンⅡの1秒~300分の1秒
ビューファインダーには前後移動式のパララックス自動補正装置が付いている優秀な二眼レフです。

ここに発表したミノルタオートマットは2台目ではありません。実はこのミノルタオートマットの素晴らしさが心に残っていましたので、先程紹介したクリスターフレックスの次に、購入したのが2台目のミノルタオートマットです。

このカメラはクリスターフレックスでの撮影でどうもレンズがシャープ過ぎと言うか、コントラストが強すぎて、特に人物撮影には適したレンズではないと考えていましたので、中古カメラ店でのミノルタオートマット探しが始まったのであります。

次には2台目のミノルタオートマットとの出会いと撮影感想を発表することと致します。

ミノルタオートマットの写真。

b0178691_1681722.jpg

[PR]
by otc123jp | 2009-06-30 15:32 | 戦後の想い出
<< 私の宝物「花車SWC」 22.... クリスターフレックス H21.... >>